院長のコラム

災害ボランティア

2017年 7月 18日

こんにちは。
昨日は知り合いの整骨院の先生と
小石原まで災害ボランティアに行ってきました。

東峰村から小石原にかけては道路も被害が激しく
まだまだ通れる道が限られています。

ボランティアセンターも先日14日に開設したばかりです。
それでもスコップやマスク、手袋、水など一通り
センターに用意されていたのには驚きました。

作業としては主にスコップで泥の掻き出し作業を行いました。
普段室内で仕事をしているので、久しぶりに屋外での
肉体労働に良い汗をかかしてもらいました。

遠くは島根や山口からも来られている方もおり
本当にたくさんの人数が集まっていました。

今日はやや筋肉痛と手の豆が痛いですが、
凄く貴重な体験をさせてもらいました。

現地が復旧するまでにはこれからもう少し時間が
かかると思いますが、少しずつでも前進して
一日でも早く安らかな日常の生活が戻ることを
お祈り申し上げます。