施術方法のご紹介

鍉鍼(刺さらない鍼)

鍉鍼(刺さない鍼)
鍉鍼(刺さない鍼)での施術中の写真

鍉鍼“ていしん”と読みます。これは気の流れを調節する鍼で、先端が丸くなっていて身体に刺さらない鍼です。感染の危険もなく服の上からでも治療できます。材質は金、銀、銅、亜鉛などがあり症状によって使い分けます。当院では金か銅を使うことが多いです。

鍼を持つところは直径1ミリの太さで、残りの鍼先部分は持つところよりも細くなって直径0.8ミリになっています。

この鍼の特徴は、鍼の途中で太さが変わっていて、太い方から細い方へ気が流れやすくなっていることです。

そして最大の特徴は、刺せない!ということです。

そもそも鍼というのは、刺すための道具ではありません!気の流れを調節する道具なのです。鍼を刺したから効果があるのではなくて、刺した部分の気の流れが調節されたから効果があるということになります。

古代中国では刺す鍼だけでなく、刺さない鍼もかなりの種類があったようです。現代では刺す鍼だけが注目されているだけのことです

“ていしん”は、『経絡』を利用して”氣の流れ”を整えます。『経絡』とは、目には見えないですが、身体全身にあります。ツボはこの経絡の走行上に存在し、”氣”はこの経絡を巡り、心身が正常に働けるようにしています。

痛みが出ている場所は”氣の流れ”が悪くなっていて、左右のバランスが崩れています。川でいうと水の流れが石や枯葉などで塞き止められた状態になっているイメージです。それを手や足のツボに鍼を当てることで”氣の流れ”をスムーズにしてあげると、水が流れるように痛みの局所の”氣”が滞りなく巡るようになります。左右の氣のバランスも改善して脈も整ってきます。

脈が整うと血の流れも改善し、痛みや動きがかなり改善します。痛みで腰が曲がらない症状や肩が上がらない症状も、肌に鍼を当てることでその場で変化します(^^)

感覚としてはほとんどの方は何も感じません。ごくまれに温かく感じたりするこがあるくらいです。鍼の苦手な方や肌の弱い方でも問題なく行えます(^^) ご興味をお持ちの方はぜひ一度お試しください♪

 

豪鍼(刺す鍼)

 

豪鍼(刺す鍼)の写真これは一般的に使われている鍼のことです。髪の毛くらいの太さの鍼で、使い捨て鍼のステンレス 鍼を使用しています。先ほどの説明でも書きましたが、深く刺せば効果がある訳ではありません。刺す深さはせいぜい5ミリから1cm程度で、痛みも基本的に はほとんどありません。ただ、毛穴に入ったりすると、チクッと感じることもあります。

この鍼は場合によっては置鍼と言ってしばらくの間、身体に刺したままにして、筋肉が緩んでくるのを待つこともあります。

 


小児鍼

小児鍼の写真
小児鍼施術中の写真

これは一般的な鍼と違い、子供専用の先の丸い鍼(右写真)を使って治療します。

子供、特に小児は生命力が旺盛ですから、ほんのわずかな鍼刺激で驚くほどの効果があります。治療方法としては、手足や背中お腹の肌に触れるくらいか時には肌に近づけるだけで効果があります。

適応症状としては、カンムシ(疳の虫)が筆頭です。カンムシとは特定の疾患、病名を指すのではなく、生後3ヵ月くらいから5歳くらいまでの小児が引き起こす様々な症状に対する俗称です。

主な症状としては、夜泣き、キーキー声を出す、よく人にかみつく、よく泣く、食欲がない、所かまわず頭をぶつける、便秘、下痢、しばしば熱を出したり咳をしたりする、ヒキツケを起こすなどです。現代医学的には小児神経症の一種と考えられます。

他に良く見られる症状としては、夜尿症、扁桃腺炎、アトピー性皮膚炎、肩こり、頭痛、吃音などがあります。

適応年齢としては、生後1ヵ月位から小学校6年生位までを一応の基準としています。中学生や高校生になっても効果はありますが、それくらいになると大人の鍼も加味したほうが良い場合が出てくるからです。

治療を開始したら3日ほど続けたほうが効果的です。軽症の場合は3回、中程度は5回、重症7~10回ほどが目安です。

ただし、生後半年までの赤ん坊は隔日くらいで大丈夫です。

カンムシ症状は1ヵ月近くたつと再発しやすくなるので、症状が安定するまでは毎月繰り返し治療するほうが良いです。予防のための通院でしたら、月1回ほどで大丈夫です。

鍼をしすぎると悪いとかクセになるということは一切ありませんので、安心して治療を受けて下さい(*^^*)

 


SOTブロック

SOTブロックの写真1SOTブロックの写真2

カイロブロックで患者さんの寝ている身体の下に置くだけで、背骨や骨盤のバランスを整えてくれるスグレモノです。身体の下に置くだけなので、当然ですが全く痛みはありません(^^)
フラットバック(背骨が真っ直ぐな方)や反り腰の方に効果的です。当院では猫背や姿勢の改善にも使用しております。ご興味をお持ちの方はお気軽にお声掛けください(^^♪

 


骨盤矯正

骨盤矯正の写真これはマッスルエネルギーテクニックというオステオパシーの技術を使った矯正方法で、患者さん自身の呼吸と筋力を使って行いますので、痛みはほとんどありませんし、身体の負担も少ないです。矯正時間は10分程度です。

患者さんの左右の骨盤のクセを調べて、バランスを改善させるストレッチに近い矯正方法です。バキッと音が鳴るような強い矯正は一切ありません。安心して受けて下さい(^^♪

ほとんどの腰の悪い方は、左右の骨盤の高さが違うことが多いです。左右の高さが違うということは、必ず骨盤の捻じれが起こっています。その影響で股関節のバランスも崩れて、足の長さが違っている可能性が高いです。このような歪みは座り方や寝方など日常生活のクセが原因することが多いようです。

足の長さが変わってくると、歩き方も崩れますし、膝や足首にも負担がかかってきますので、その状態が続くと他の場所も痛みやすくなります。骨盤というのは家で言うと基礎ですから、そこが歪むと腰、肩、首は影響を受けて捻じれる可能性が高いです。

この矯正治療で骨盤のアンバランスを整えて、足の長さを均等にすることが出来ます。そうすることで、腰や肩など上半身の症状も改善していくことが多いです。身体の歪みが気になる方は一度ご相談下さい!(^^)!

 


肩矯正

肩矯正の写真これも骨盤矯正と同じく呼吸を使った矯正法ですので、バキッと音が鳴るような激しい矯正は一切ありません。肩の関節を軽く引っ張ったり回したりして、上腕骨と肩甲骨の位置を調整する矯正法です。 肩関節周辺の筋肉を緩めて、関節の動きを柔らかくすることで、肩や首の痛みや関節の可動域を改善します。患者さんの力と呼吸を上手く使いながら、動きを改善していきます。

首や肩の痛みや可動域制限、肩甲骨の癒着、上肢の重ダルさやシビレなどがある方に効果的です。矯正時間は10分程度です。

肩や首の症状が出る方は、ほとんど肩甲骨のバランスが崩れています。左右の肩や肩甲骨の高さに差があることが多いです。首と肩甲骨はハンガーのような関係ですので、肩甲骨のバランスが乱れると、筋肉が引っ張られて首の痛みや後ろに振り向きにくいなどの症状が現れるようです。

ですから、肩甲骨のバランスを整えることで症状が軽減しやすいです。ご興味をお持ちの方やご希望の方はお気軽にお声掛けください(^^♪

お問い合わせは、お気軽に「ホームページを見た」とお電話ください。電話番号0947-45-2310。(交通事故・各種保険取扱・予約優先制)メールでのお問合せは、こちらをクリック